ブランド品の買取は、京都のブランドパークへ!

出張買取、宅配買取、店頭買取にて、大阪・滋賀・奈良へも対応いたします。

Q&A
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2017年08月 次月>>
■新着情報■
■カテゴリー■
■月別一覧■
  • HOME
  • 取扱商品
  • エルメス
  • シャネル
  • ルイ・ヴィトン
  • カルティエ
  • シルバー買取・クロムハーツ
  • 時計買取
  • ブランド品陶器買取
  • 買取はこちら!
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 金・プラチナ買取
  • 金・プラチナ買取 査定方法のご注意点
  • 宝石買取
  • 会社概要・交通アクセス
  • Q&A
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引法に基づく表示
  • お知らせ
  • 業者オークション代行出品
  • 携帯サイトはこちら
  • 京都発信、ブランドパークのアメブロはこちら
  • ヤフオク出品中!ブランド品・貴金属販売はこちら
  • お知らせ >
  • TOP
→ 一覧ページ
 
現在の高級宝飾の代名詞の一つでもある・・・

ハリーウィンストン・・先代のハリーウィンストンは原石でも研磨済みでも・・・

どんな宝石でも可能性を見出す天分の持ち主で、特にダイヤを愛好しており世界中から最高品質のダイヤを見つけては有名な作品を創ってきた。

ハリーの宝石やデザインはあくまで「石本来の美しさ」を生かすことに重きを置いて創られている。



指輪やネックレスの18金やプラチナなどの土台はあくまで石を留める為の道具であり、そのデザインを生かすのではなく、あくまで「石」という美しさを表現するのがハリーのポリシーと言われております。

例えばネックレスの場合、表からは石だけが繋がっているようで、裏から見ると初めてレースのように繊細に細かく施された金属の土台が分かるという、表面はあくまで「石の存在感」が重要なのです。

立て爪のエンゲージリングもアーム部分は細くして1粒ダイヤを爪が見えるように留めるのではなく、上からは石だけを見えるようにセットしたデザインというのが基本。


アンティークジュエリーを譲り受け現代的にリカットしなおし、各界の実力者に提供する方法で頭角を現し1932年には「ダイヤモンド王」とも呼ばれた。

世界のダイヤモンドでも呪いのダイヤとしても有名な「ホープのダイヤ」を手にいれ、そのダイヤをスミソニアン博物館に寄附し、ホープダイヤの持ち主に起こる、不思議な運命に幕を下ろさせたことは有名なお話です。

それに世界で知られるダイヤモンド303の著名ダイヤのうち、その多くはハリーウィストンの手を経たものであり、ハリーの宝石商ちしての手腕も実証されています。

そんなハリーウィストンには沢山の著名人や有名人など顧客が沢山ついており、ハリー独自の考えで、顧客のプライバシーを徹底して守る姿勢を貫いています。


来店は全て予約システムで普段は鍵のかかった入り口は予約客が訪れた時のみ開けられるシステムであり、憧れ程度では門をくぐれない、高級に相応しい完全主義なブランドでもある。

11:00 AM
 

ページの最上部へ