ブランド品の買取は、京都のブランドパークへ!

出張買取、宅配買取、店頭買取にて、大阪・滋賀・奈良へも対応いたします。

Q&A
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2020年04月 次月>>
■新着情報■
■カテゴリー■
■月別一覧■
  • HOME
  • 取扱商品
  • エルメス
  • シャネル
  • ルイ・ヴィトン
  • カルティエ
  • シルバー買取・クロムハーツ
  • 時計買取
  • ブランド品陶器買取
  • 買取はこちら!
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 金・プラチナ買取
  • 金・プラチナ買取 査定方法のご注意点
  • 宝石買取
  • 会社概要・交通アクセス
  • Q&A
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引法に基づく表示
  • お知らせ
  • 業者オークション代行出品
  • 携帯サイトはこちら
  • 京都発信、ブランドパークのアメブロはこちら
  • ヤフオク出品中!ブランド品・貴金属販売はこちら
  • お知らせ >
  • TOP
金など高騰して影響で金買取などが依頼が沢山あります。

中には、メッキかどうか分からない、金なのか・・・もらったので不明など・・・

色々な金製品の査定がきます。

刻印判別、質感、比重計測など色々な判定方法があります.

試金石と硝酸を使った鑑定方法を!

試金石とは? → wikipedia

試金石とは「黒色緻密(ちみつ)な玄武岩やケイ質の岩石」



硝酸とは? → wikipedia 
※医薬用外劇物で薬局で購入できます


この試金石と硝酸の科学反応により、その金がどうかを鑑定する方法です。

①試金石に金製品をこすり条痕をつける


※金張りや分厚いメッキなどの場合は金の反応となるでの断面などの方が良い

②条痕に硝酸をかける


硝酸は金属には反応し、酸化させる性質があり、純金や金など貴金属は金属でない為に硝酸をかけても貴金属には反応はなく、ここで鉄や金属が含まれると、硝酸の化学反応により酸化(溶ける・変色など反応が見られます)

シルバー・ステンレス・ニッケル・銅=溶けます

上記の写真では条痕が消えているので、このテストでは金製品ではないです

但し、金張りや分厚い金メッキの場合は表面が金となるので硝酸は反応しないので、表面だけでは貴金属とは断定できないので、下記のように切断した断面に硝酸をかけ反応をみます。

③断面に硝酸をかける


画像では分かりにくいですが、断面に硝酸をかけた結果、外側が溶けず芯の部分が金属なので変色しています。

このように試金石の条痕や硝酸の化学反応で真贋鑑定なども行います。

またこの方法で試金棒を使い、条痕の濃さでその金が24金・18金・14金など見分けることが可能です。


06:24 PM

ページの最上部へ